2018 Presqu'ile Winery Pinot Noir

Santa Barbara County, California

 

品種: Pinot Noir 100%

アルコール度数: 13.6%

ブドウ産地: Santa Barbara County

 

カリフォルニアで最も涼しいワイン産地、サンタ・バーバラ・カウンティで栽培されるピノ・ノアールは、綺麗な酸味とミネラルの複雑さが特徴です。ダークチェリー、ラズベリー、ロイボス茶やクローブの風味。

 

ビングやレッドチェ リー、土や粘土、紅茶の渋みの味がします。グリル・サーモン、ボロネーゼ、鴨ロースやグラタン料理に良く合います。

2018 Presqu'ile Winery Santa Barbara County Pinot Noir

¥3,960Price
Sales Tax Included
  • WINERY INFO

    マーフィー家は何年もかけニューワールドでは最高のピノ・ノアールとシャルドネのワイン産地を巡りました。そしてマーフィー家がたどり着いた所はオレゴン州でも無く、ナパやソノマでも無く、なんとカリフォルニアのセントラル・コーストのサンタ・バーバラ・ カウンティーにあるサンタ・マリア・バレーでした。 四代続くマーフィー家の長男、マット・マーフィーさんのリードで2007年にアメリカ合衆国には珍しい東西に連なる谷のサンタ・バーバラワイン産地に約80haの土地を買収し、他のワイン産地には負けない、涼しい環境で栽培されるピノ・ノアールとシャルドネを生産し始めました。

    ワインリーの名前であるプレスキールとはクリオール語(アメリカ南部のルイジ アナ州の独自の言葉)で「島になりつつある場所」との意味でワイナリーは最高の畑に囲まれた島の様なところでもあり、ハリケーン・カトリーナで失った家族の集まる別荘の意味もあるそうです。ワイナリー設立以来、常に最高級のワインを作り続けているワイナリーです。